流体工学

システムを最適化する際には、必ず個別の課題が発生します。これらの課題に取り組むため、HYDAC はシステムオペレーターであるお客様に合わせた流体工学ソリューションを設計します。長年にわたるコンサルティングの専門知識に基づき、お客様のシステムでコストを削減し、生産性を向上させる可能性を判断します。

生産システムの生産性とコストパフォーマンスを最適化するためのアプローチ

1963 年以来の実績と専門知識を持つ、当社にお任せください

お客様のニーズに合わせて、製品、サービス、ノウハウを総合的にパッケージ化して、ご提案いたします。フィルトレーション作業の最適化は、当社が提供するサービスの一分野に過ぎません。流体工学には次のものも統合されています。

  • 生産プロセスとシステムの最適化
  • 流体コンディショニングによるプロセスの信頼性向上と長寿命化
  • 部品やシステムの初期コンタミネーションを最小限に抑え、ダウンタイムを短縮
  • 状態監視と予知保全の基礎となるシステムプロセスのデジタル化

エネルギー効率#サステナビリティ #カーボンフットプリント #気候変動保護

生産システムのエネルギー使用法を最適化することにより、エネルギー消費量を削減できる可能性が非常に広がります。流体工学の一環として、当社は幅広いエネルギー効率の高い製品とソリューションでお客様をサポートし、エネルギー消費を削減して CO2 排出量を削減いたします。熱回収を最適化した効率的で持続可能な機械冷却により、コストを最大 30% 削減できます。気候変動保護への貢献につきましては、当社へお問い合わせください。

プロセス信頼性#機能安全性 #テクニカル・クリンリネス #製品品質

信頼性の高い生産プロセスと製品品質は、円滑な生産の基本です。これには、安定した品質で装置を生産する信頼性と、システムの機能的信頼性の両方が含まれます。当社のテクニカル・クリンリネスサービスと製品により、生産プロセスにおけるシステム障害を持続的に削減できます。システム効率の向上と同時に、初期損傷を回避する方法をご紹介します。

システム稼働率#状態監視 #デジタル化 #予知保全

システムの修理やメンテナンスにかかる時間を短縮し、生産性と透明性を向上させたいとお考えですか?当社がシステム稼働率について総合的なアドバイスを提供いたします。予知保全と状態監視を連携させることで、機械の潜在的な故障とそれに伴う生産の不具合を早期に認識し、システムを最大限に活用できます。当社は、必要なハードウェアとソフトウェアの選択と統合、収集したデータの解釈、および推奨される最善策を決定することに関する専門知識を有する、お客様のパートナーです。

資源の保全#流体消費量 #流体の体積 #耐用年数

流体の最適な使用は、環境面だけでなく、コスト削減の観点からも重要です。HYDACは、消耗品の削減と作動油の節約をサポートいたします。流体や消耗品の長寿命化についても、当社にお任せください。

当社の流体工学的アプローチは、あらゆる業界に適用可能です。

工作機械

最新のオートメーションソリューション、そして高度な生産性とエネルギー効率を両立

詳細を確認

プレス機および成形機

HYDACはプレス機の油圧、冷却、潤滑、その他の補助機能におけるパートナー

詳細を確認

発電

HYDAC: 機械関連の補助プロセスを最適化するお客様のパートナー

詳細を確認

参照事例

切削システムの最適化

ドライブ技術
流体工学

HYDAC – エネルギー効率の高い切削システムソリューションを提供する、お客様のパートナー。

お客様の成功事例を読む

自動車工場の工作機械を効率的な水冷方式に変更して、省エネを実現

流体工学
工作機械
温度管理

HYDAC - エネルギー効率の高い工作機械冷却ソリューションのパートナー。

お客様の成功事例を読む

世界をリードする水素システム内の粒子計測技術

エレクトロモビリティ
流体工学

HYDAC - あなたのパートナー、そして技術的清浄度のエキスパート。粒子により、繊細なコンポーネントが永続的な損傷を受ける可能性があります。

お客様の成功事例を読む
工作機械

冷却の維持 – レトロフィットの効果

流体工学

マシニングセンターの高エネルギー効率冷却材およびスピンドル冷却用の流体/水冷システム。

お客様の成功事例を読む

自動車部品サプライヤーにおけるプロセスの信頼性とシステムの稼働率

エンジニアリング
流体工学
温度管理

HYDAC - 複雑なコンポーネントとシステムにおける最大限のシステム稼働率を実現する皆様のパートナー。

お客様の成功事例を読む

ダウンロード

いつでもアドバイスをさせていただきます!

HYDACエキスパートチームにご連絡いただき、ご相談日を取り決めてください!

メールを送信する