HYDAC 油圧トレーナー 一流かつ実践的な油圧トレーニング向けの最新式トレーニング装置

理論的教育の支援および効果的なトレーニング実施を目的として、HYDAC は実践的な HHT2 油圧トレーニングパッケージを開発しました。

6 記事を読む時間の目安

トピックと製品 トレーニング

油圧装置の実践、最新かつインタラクティブ

油圧トレーナー HHT2 は、工業グレードで設計され、現在生産されている堅牢な HYDAC 製コンポーネントを使用しており、幅広いオプションと対応するトレーニング演習により、油圧というトピックに対する総合的な戦略を提供します。

必要に応じてワークパッケージを自由に選択できるため、油圧をテーマとしたさまざまなコンテンツを教えることができます。

  • 手動式の標準油圧装置
  • 電気油圧装置
  • 比例調節技術
  • 測定機器
  • 開ループおよび閉ループの課題に幅広く対応する PLC パッケージ
  • デジタルパッケージ 4.0 によるコネクティビティの拡張

独立して使用可能な 1 台または 2 台のワークステーションにより、すべての油圧トレーニングの課題を 1 台の装置にマッピングできます。油圧トレーナー HHT2 を使用すると油圧装置を実践的に体験でき、1 グループ最大 6 人の参加者が、理論的知識をすばやく、簡単に、手際よく、そして楽しく活用する方法を同時に学べます。

HYDAC 油圧トレーナーは、堅牢な産業用コンポーネントを使用して、統合された包括的戦略を提供します。油圧トレーニングの課題すべてを 1 台の装置にマッピングできます。

技術的特徴、油圧トレーナー HHT2

Power unit

  • Speed-controlled KINESYS power unit for 230 V / 50 Hz, no three-phase current needed
  • Low-noise pump (<50 dBa at 1-metre distance)
  • Flow rate 3.7 l/min per workstation
  • Pressure ports can be switched separately
  • Non-adjustable maximum pressure limit
  • Automatic depressurisation of tank during switching
  • Other voltage ranges on request

コンポーネント

  • HYDAC 製品群の産業用コンポーネント (実用品)
  • プロファイルウォールに自由に配置可能
  • 特許取得済みの取り付けシステム
  • 陽極酸化アルミニウムブロックによる魅力的な外観

デジタル化時代における将来を見据えた教育デジタル専門知識の実践的な指導

デジタル化の絶え間ない進歩は、技能実習生のトレーニングにおいても止まる気配がありません。そのため、メカトロニクス、電気工学、機械工学、生産技術などで、デジタル情報処理の専門性向上が求められています。そのため、将来を見据えたトレーニングを提供したいのであれば、新しいデジタル技術をトレーニング戦略に取り入れる必要があります。

この要件を満たすため、HYDAC はデジタル パッケージ 4.0 を HYDAC 油圧トレーナーに追加しました。

  • すべての電子部品を別のラックに統合
  • 測定データの収集、表示、送信、保存
  • このように、測定データの正しい扱い方を、わかりやすく、実践的に学ぶことができます。
  • センサーやインターフェースなどの HYDAC コンポーネントを統合することで、他の HYDAC パッケージとのやり取りが簡単
  • 使用するソフトウェアは、お客様のニーズに合わせてカスタマイズしたり、要件に合わせて柔軟に調整したりできます。

このユーザーフレンドリーでトレーニング指向のシステムにより、ユーザーは実務に直結した業務関連の状況を通じて、さまざまな解決策や行動戦略を見つけ出すことができます。

HYDAC の油圧トレーニングパッケージにより、明日のデジタル化された業務の世界に向けた準備を十分整えることができます。

技術的特徴とアクセサリ、デジタルパッケージ 4.0

  • 19 インチのローリング式ラック
  • ポータブルデータレコーダー HMG 4000 用ホルダー
  • 内蔵 PLC
  • CSI-C-11 – 流体指向の機械状態監視用の i4.0 互換状態センサー インターフェース
  • CS1320 鉱油系流体用コンタミネーションセンサー
  • IO-Link マスター
  • HPT 1446S – i4.0 互換のスマート圧力トランスミッタ
  • AS 1008 アクアセンサー
  • DATA+ エッジコンピューティング装置
  • アクセサリケーブル
  • メインスイッチ付きスイッチキャビネット
  • 簡単に拡張可能

HYDAC 油圧トレーニングパッケージの利点の概要

  • 業界をリードするメーカー HYDAC の 工業用グレードの堅牢なコンポーネントを使用し
  • 必要に応じて油圧ワークパッケージを 選択できるため、 さまざまなトピックを学習できます
  • トレーナー、パワーユニット、コンポーネント、 トレーニングの課題、連絡先など、 すべてを単一のソースから提供する、考え抜かれたトータルコンセプト
  • フォルムと機能の 見事な融合
  • 可変速駆動ユニットにより、 非常に静かで省エネの油圧トレーニング装置
  • シンプルな操作と 工具不要の回路設計
  • 高耐久で 低漏洩の 産業用コネクタ
  • モジュール式で、 柔軟性と拡張性を実現
  • 追加コンポーネントの カスタム統合が 簡単
  • 引き出し式キャビネットと ホースホルダーですっきり収納
  • 専門家による試運転と 現場での指導が可能

HYDAC は油圧トレーナー HHT2 の追加サービスを提供

  • トレーニング装置での各種演習
  • 試運転パッケージ
  • HYDAC が油圧トレーニング装置をメンテナンス
  • 基礎油圧トレーニングコース
  • 上級油圧セミナー
  • 油圧システムと制御技術
  • 専門サービス関連セミナー
  • eラーニング特別コース

よくある質問 (FAQ)

トレーナーからはどの程度の音が出ますか?オンにしたときに会話や詳しい説明ができますか?

油圧トレーナーを設計する際、特に配慮したのが騒音です。周波数可変ユニットをシステムに使用することで、音圧レベル 46 ~ 50 dBA (距離 1 m) を実現しました。このため、トレーナーのスイッチが入っていても問題なく会話ができます。

装置にはどのような電源が必要ですか?

油圧トレーナーの内蔵電源ユニットは、通常のソケット (Schuko) に対応しています (1x 230 V、50 Hz)。このため、三相接続は必要ありません。その他のバージョン、その他の電圧にも対応しています。詳細についてはお問い合わせください。詳細については、HHT2 油圧トレーナー製品カタログをご覧ください。

一方、モバイルトレーニング用の電源ユニットは三相 (400V x 3、50 Hz) が必要で、CEE 400 V 16 A ソケットが必要です。製品カタログ: 荷重検出をご覧ください。

トレーナーはどのような圧力範囲と流量範囲で動作しますか?

油圧トレーナーのパワーパックは、ワークステーションあたり 3.7 l//分を供給します。演習時の動作圧力は 0 ~ 60 bar です。圧力レベルは 70 bar に制限されています。詳細については、HHT2 油圧トレーナー製品カタログをご覧ください。

充填に必要なオイル、電源ユニットに必要なオイルの量を教えてください。

油圧トレーナーのタンク容量は 20 リットルです。タンクへの充填には、クリーンオイルISO VG 32 (DIN 51524 T1 + T2 に準拠した作動油、油温 40℃ で粘度範囲 32 mm²/秒) を使用します。詳細および起動手順については、油圧式トレーナーの取扱説明書を参照してください。

コンポーネントを壁に取り付ける方法はどのようなものですか?

コンポーネントをプロファイルウォールに取り付けるには、特別に設計されたブラケットを使用します。バルブの組み立て、分解は工具を使わずに行えます。コンポーネントは、固定システムを使用してプロファイルウォールに自由に配置できます。

トレーナーは移動可能ですか?

油圧トレーナーは移動可能です。ポリアミド製の回転式キャスターを 4 個装備しています。

ドアを通り抜けることができますか?

はい。通常のドアであれば問題なくトレーナーを押して通過させることができます (寸法を参照)。

トレーナーの重さや大きさ (寸法) は?

油圧式トレーナーの重量は 465 kgです。
寸法: 2090 mm x 780 mm x 1774 mm (長さ x 幅 x 高さ)

一度にすべてを購入する必要がありますか?トレーナーはどのようなトレーニング領域に対応していますか?

すべてのバージョンやコンポーネントを入手する必要はありません。さまざまなレベルの設計と構成があります。このシステムはモジュール式で、トレーニングのニーズに応じてアップグレードや調整が可能です。詳細については、お問い合わせください。

アップグレードオプションにはどのようなものがありますか?

幅広いアップグレードオプションが利用可能です。コンポーネントには、以下のカテゴリーがあります。

  • 手動操作による標準的な油圧装置
  • 電気油圧式バルブ
  • リレースイッチボックス
  • プログラム可能なメモリ制御
  • 比例調節技術
  • デジタルパッケージ 4.0
  • 移動式制御ブロック (オープン/クローズドセンター)
  • 荷重検出ユニット
  • 各種機能モジュール

トレーナーで作業・トレーニングできる人数は?

ワークステーションあたり 3 人が推奨されています。2 台のワークステーションを備えた当社のトレーナーでは、6 人が快適に学習できます。

2 面のそれぞれに異なる回路をセットアップできますか?2 つの面はそれぞれ独立して機能しますか?

2 台のワークステーションを備えたトレーナーは、各ワークステーションでさまざまな演習やサーキットを行うことができます。演習の大部分は、各面が独立して機能します。各チームは自分たちのペースで作業できます。

トレーナーに割り当てられる課題はありますか?

当社は油圧トレーナー向けの課題を多数開発しました。課題はグループ化され、PDF ファイルで利用できます。学生向けと教師向けのバージョンがあります。このトレーニング演習は、油圧トレーナーをご購入いただいた場合にのみ利用できます。

油圧トレーナーの演習からの抜粋:

  • 圧力、面積、力という用語
  • 力の伝達
  • 油圧パラメータとしての流量
  • 速度、圧力、流量の関係
  • 油圧シリンダ (マスタ/スレーブシリンダ、同時動作、保持位置、「トラッキング」)
  • スロットルバルブまたは供給制御による速度制御
  • バルブの電気的操縦
  • 4/3 方向バルブの自己保持回路
  • 単安定バルブと双安定バルブの違い
  • 時間的遅延に伴う作業
  • 循環プロセスの実現
  • PLC プログラムの構造
  • PLC プログラムにおける SR エレメントの使用
  • 4/2 および 4/3 方向制御バルブの制御
  • 単安定/双安定バルブの異なる制御モード
  • 異なる速度の実現
  • シーケンシャル制御
  • センサーの統合 (近接スイッチ / 圧力スイッチ)
  • タイマーの使用

また、トレーニングの課題だけでなく、参考書も提供しています。セミナーに参加したり、油圧トレーナーを購入したりしなくても、当社からテキストをご購入いただけます。

油圧式トレーナーのレンタルはできますか?

油圧トレーナーを定期的に必要としない場合、または 1 回だけ必要な場合は、レンタルユニットとして油圧トレーナーを喜んで提供させていただきます。レンタル装置の納入機材は、お客様のご要望に応じて決定します。

バルブの作動や切り替えはどのように行うのですか?

油圧トレーナーには、さまざまなバージョンがあります。標準油圧式は、レバーによるバルブの手動操作を特徴としています。電気油圧式は、ソレノイドと電気回路によってバルブを操作します。生徒はバルブの配線方法を学び、スイッチや PLC を使って必要な動きを作り出すことができます。

ダウンロード リファレンス: HYDAC 油圧トレーナー

いつでもアドバイスをさせていただきます!

メールでのお問い合わせ

マガジンの記事をもっと見る

油圧機器
トピックと製品
1 記事を読む時間の目安 |

HYDAC Betterfit フィルタエレメントで高品質な濾過を実現

弊社のソリューションについて詳細を確認

制御技術
トピックと製品
3 記事を読む時間の目安 |

バルブ要件にはカスタムソリューションが求められる

続きを読む