Stat-X® による静電放電の低減 HYDAC – 工作機械用フィルタエレメントにおけるお客様のパートナー

Stat-X® フィルタエレメントを使用して、システム内の危険な静電放電を減らし、電子機器の故障を防ぎます。

3 記事を読む時間の目安

お客様の成功事例 工作機械

Stat-X® フィルタエレメントで工作機械の静電放電を低減
Stat-X® フィルタエレメントを使用して、システム内の危険な静電放電を減らし、電子部品の故障、オイル分解生成物の発生、および使用するフィルタエレメントの破壊を防ぎます。

業界では、安価で環境に優しい、革新的な作動油がますます使用されています。通常、これらのオイルは亜鉛フリー、無灰で硫黄を含んでいません。最近では、亜鉛を含む添加剤の代わりに合成添加剤が使用されています。この亜鉛添加剤の不足により、オイルの導電性が低下し、多くの産業用途で問題が発生する可能性があります。低導電性のオイルが従来の作動油または潤滑油フィルタエレメントを通過する場合、電荷分離効果により、非常に高い静電荷が発生することがあります。電荷がある限度を超えると、放電という形で急激に放出されます。最も典型的な形態は火花放電で、さまざまな場所で発生する可能性があります。システム内で静電気が発生すると、以下の不具合が発生することがあります。

  • フィルタエレメントの焼損や詰まり

  • オイル劣化生成物 (ワニス) の発生が増加と、それに伴うコンポーネントの摩耗進行、およびオイル交換頻度の増加、

  • 電子部品の破損、

  • タンク内の爆燃、ブリーザーフィルタの焼損。

システム外で放電が発生すると、痛みを伴うフラッシュオーバーにより人身事故が発生する可能性があります。機械の安全性と労働安全性が損なわれているため、緊急の対応が必要です。

雇用者責任保険協会の通知:

「特に亜鉛と無灰油は、電気伝導率が低いことがよくあります。このような低導電性オイルが従来のフィルタエレメントを通過すると、エレメントとオイルが帯電し、システム内または外部で静電放電が発生する可能性があります。[...]”

出典: DGUV Information FB HM-082 “Filtration von Hydraulikflüssigkeiten” [Filtration of Hydraulic Fluids], edition 07/2016, specialist area Wood and Metal HB HM of German Statutory Accident Insurance Association (DGUV), Mainz

HYDAC フィルタ技術のアプローチにより、システムの稼働率、機械の安全性、コストの最適化を向上させます

当社のお客様のある国際的な工作機械メーカーは、一部の顧客が、オイル内での燃焼残渣の発生、フィルタエレメントの破損、場合によっては油圧システムに搭載されている電子部品の故障を経験していることに気づきました。このお客様は、油圧と濾過のエキスパートシステムパートナーとして、すでに HYDAC をご存知であったため、問題を特定した後すぐにご連絡をいただき、一緒に解決策を見つけることができました。その目的は、電子機器の不具合を修正し、作動油とフィルタエレメントの耐用年数を大幅に延ばすことでした。

HYDAC のフィルタ専門家と工作機械業界のチームは、問題が発生した機械の所有者の敷地内で問題を分析しました。測定、オイル分析、調査が行われました。すぐに、所有者が導電性の低い革新的な油圧オイルを工作機械に使用しており、
それが問題を引き起こしていることが明らかになりました。HYDAC FluidCareCenter® で、さまざまなオイルとフィルタの組み合わせで、さらなる分析とテストが行われました。

これが、革新的なフィルタエレメント技術 Stat-X® につながったのです。この技術の試験は最終顧客の敷地内で成功し、システム内の静電気を最小限に抑えることができました。こうして、静電気の発生を防ぐことができました。現在、Stat-X® ソリューションは、すべてのメーカーの機械に採用されています。

非常に重要な油圧および潤滑用途での静電帯電を防止する Stat-X® フィルタエレメント

HYDAC Filtertechnik は、長年にわたり、油圧および潤滑システムの静電帯電への対策、結果として生じる重大なシステム損傷の防止に取り組んできました。

革新的な HYDAC Stat-X® エレメントは、その非常に特殊な構造と媒体により、静電帯電を確実に減少させます。帯電電位がほぼゼロになるため、火花放電を確実に抑制できます。

結果

最新の低導電性オイルへの移行に伴い、お客様は工作機械の油圧系統で静電気の帯電と放電を経験することになりました。この現象は、システム内のフィルタやコンポーネントの損傷、ワニスなどのオイル劣化症状の発生を増加させる原因となっていました。Stat-X® の濾過技術を用いることで、優れた超微細ろ過を実現しつつ、システム内の有害な充放電を抑えることが可能になりました。

現在、HYDAC は工作機械メーカーの油圧システムに標準装備として Stat-X® フィルタを供給しています。従来のフィルタエレメントを Stat-X® 技術に置き換えることで、作動油とフィルタの耐用年数を最大 20% 向上させました。システムは現在も順調に稼動しています。

Stat-X® フィルタエレメントがもたらすメリット

システム稼働率

システム稼働率

予定外のダウンタイムを削減。

状態監視と予知メンテナンスにより、エネルギー消費を削減し、コストを節約しましょう。

資源の保全

ワニスなどのオイル劣化生成物の低減およびオイル交換間隔の延長。

コストの削減

コストの最適化

メンテナンスコストの削減とメンテナンス間隔の延長。

労働安全

機械安全、労働安全

特に低温始動条件下での火花放電の削減が実証済みであることによる、従業員と機械の最大の安全性。
爆発の危険性のある場所での安全な操作。

システム稼働率の向上

システム耐用年数の延長

システムの耐用年数を最大限まで延びます。

ダウンロード参照: Stat-X® による静電放電の低減

リファレンスを PDF 形式で今すぐダウンロード

いつでもアドバイスをさせていただきます!

HYDAC の専門家チームに問い合わせて、今すぐ相談のご予約を!

メールでのお問い合わせ

マガジンの記事をもっと見る

工作機械
お客様の成功事例
| 4 記事を読む時間の目安

冷却の維持 – レトロフィットの効果

トピックと製品
| 3 記事を読む時間の目安

空気清浄機、コロナウイルス: HYDAC の LEKF

機能安全
お客様の成功事例
| 2 記事を読む時間の目安

機能的安全性