油圧オイル中のワニスを効率的に除去

ここ数年、基油に変化がありました。こうした変化により、より熱的に安定し、化学的に純粋な基油が生まれています。かつては潤滑油や油圧オイルの劣化がそのままオイルカーボンにつながっていましたが、今日では前駆物質が存在します。これらは主にゲル状の物質で、システムの「冷たい」部分に褐色の堆積物をもたらします。バルブ、シリンダー、ベアリングがこの影響を受けます。その結果、バルブの位置決め力の上昇、逆止弁の漏れ、シリンダーのシール摩耗、タービンベアリングの温度上昇などが発生します。

そのため、「ワニス」として知られる油劣化生成物の除去にますます注目が集まっています。オイル分析を使ってワニスを検出し、効果的にワニス対策を行い、オイルスラッジによる予定外のダウンタイムを回避する方法について説明します。

システムの効率的な保護については、こちらをご覧ください!

油圧機器と潤滑のためのシステム保護

ワニスの除去方法:ここで動画をご覧ください

油圧システムおよび潤滑システムのワニス

システム保護:なぜ堆積物が問題になりますか?

油圧システムや潤滑システムの油劣化生成物は、故障やベアリング温度の上昇につながる可能性があります。その結果、予定外のダウンタイムが発生し、高いコストがかかります。ゲル状、樹脂状、固形の油劣化生成物が残留物としてシステム内に存在します。これらはシステム内の様々な箇所に蓄積しますが、バルブに堆積すると摩耗が進み、完全な故障につながります。静電気放電は、オイルのクラッキングによりオイルの劣化を加速させます。その結果による生成物は化学反応を起こし、より大きな分子を形成します。このオイルスラッジは、顕著なシステム汚染につながります。

オイル分析:油圧オイル中のワニスを検出するには?

油劣化生成物を検出するには、オイルの分析を行う必要があります。粒子用の視覚センサー、MPC テスト、酸化防止剤の濃度は、オイル劣化の程度を示します。ワニス形成の主な原因は酸化であり、これはオイルと空気中の酸素との反応です。さらに、潤滑油や油圧オイルに含まれる汚染物質は、固体、液体、気体にかかわらず、オイルの劣化を促進します。流体調整とオイル調整のエキスパートである HYDAC はワニスを効果的に制御し、持続可能なシステム保護を確実に行えるようお手伝いをします。

フルード&オイルコンディショニングに関するアドバイスの要求

当社のソリューション:HYDAC ワニス除去適切な分離方法による効率的なシステム保護

耐用年数を長くし、サービスコストとメンテナンスコストを低くし、システム稼働率を高めることは、すべてのシステムオペレータが目標とするものです。ワニスを最小限に抑え、残留物を残さずに取り除くことが望まれます。従来の潤滑オイルフィルターや油圧オイルフィルターは、特にこのタスクに適しているわけではありません。ゲル状の油劣化生成物がろ材の表面に付着し、濾材の深部構造を阻害してしまうからです。差圧が急激に上昇するため、フィルターエレメントの耐用年数は、場合によってはわずか数時間にまで低下します。

油圧オイル中のワニスとそれに伴うオイルスラッジの除去は、イオン交換体による分離プロセスと、溶解度を下げて濾過を行うことで達成できます。

HYDAC Ion eXchange ユニット IXU イオン交換体によるワニス除去

HYDAC イオン交換体ユニットにより、リン酸エステル系(HFD-R)およびポリオールエステル系(HFD-U)の耐火性作動油や潤滑油からワニスを効率的に除去します。

当社のイオン交換体は、バイパスフィルターと同様の構造で、24 時間 365 日稼動しています。ワニスは特定の樹脂に蓄積されることで分離されます。これにより、ワニスを確実に除去することができます。システムの生産性を向上させましょう。喜んでお役に立ちます。

HYDAC IXU の詳細

HYDAC ワニス除去ユニット VEU-F 冷却と濾過によるワニスの除去

固形またはゲル状の油劣化生成物の除去:鉱物油を調整し、ワニスを効果的に除去するために、サービス作業をしやすい HYDAC ワニス除去ユニット VEU を使用します。この技術では、オイルが冷えるにつれて汚染の溶解度が低下します。

この方法は、鉱物油を使用するすべての潤滑用途および油圧オイル用途に適しています。イオン交換体と比較すると、複雑なオイル分析をすることなくエレメント交換が可能で、費用対効果が高いため、「冷却&フィルタリング」技術はますます利益があがるようになっています。HYDAC は、お客様のシステム保護をシンプルで費用対効果の高いものにします。

HYDAC VEU-F の詳細

HYDAC ワニス除去ユニット VEU-F-5/3 小型タンクのワニス除去

操作し易いワニス除去ユニット VEU-F-5/3 は、し鉱物油から油分解生成物を効果的に取り除くことができます。この新装置によってHYDACに1000 リットル未満のシステムタンク用最適なソリューションが加わりました。
特殊 2 段式ろ材により、冷却せずに油分解生成物を除去することができます。

VEU は、タンク接続キットを使って容易に取り付けることができ、すぐに操作を開始できます。液体の使用寿命を延ばしましょう - 当社で喜んでお手伝いいたします。

HYDAC VEU-F の詳細
 

HYDAC は洗練された流体調整ソリューションのためのパートナー

システム稼働率

システム稼働率の向上

巧みなワニス除去でシステム障害を減らし、システムの稼働率を高めます。

資源保護

資源保護

油圧オイルと作動油の寿命を延ばし、貴重な資源を節約します。

コストの削減

コストの最適化

ダウンタイムの削減、オイル交換間隔の延長、コンポーネントの長寿命化により、持続的にコストを最適化することができます。

生産性の向上

生産性の向上

効率的な流体調整により、機械のパフォーマンスを向上させ、システムを積極的に保護することができます。

FAQ

ワニスとは何ですか?

「ワニス」という用語は、有機残留物による、薄く、硬く、光沢があり、オイルに溶けない堆積物を指します。これは油劣化生成物で、さまざまな形で現れます。ワニスは、タンクの壁や配管に塗膜のように付着することもあれば、タンクの床やバルブ、ポンプにスラッジのように付着することもあります。ワニスの色は黒から茶色、明るい黄色まであります。

ワニスのような油劣化生成物はどのようにして生まれますか?

  • 酸化、言い換えれば酸素との反応は、オイル劣化の主な原因です。このプロセスは、油劣化生成物の形成につながります。
  • 油に含まれる汚染物質も、油劣化生成物の形成につながります。固体であれ、液体であれ、気体であれ、汚染物質はオイルと反応したり、触媒として働いたりします。
  • システム内の高温と高圧は劣化プロセスを加速させます。低粘度オイルの場合、静電気放電(または放電フラッシュによる高温)でオイルやオイル中の添加剤のクラッキングが考えられます。

 

なぜワニスは望ましくないのでしょうか?

  • ワニスは潤滑の隙間などに溜まります。潤滑ギャップが狭くなり、摩擦と温度が上昇し、ベアリングの摩耗が増加します。
  • バルブにワニスが溜まると、故障の原因になります。
  • クーラーの壁に蓄積したワニスは、そこでの熱伝達を阻害し、クーラーの効率を低下させます。
  • フィルターエレメントにもワニスが蓄積し、寿命が短くなったり、エレメント交換の頻度が高くなったりします

フィルターを使ってオイルから油劣化生成物を除去することはできますか?

オイルはワニスに対して、水に対してと同じような溶解度を持ちます。溶解度の限界を超えると、ワニスは溶液から沈殿して遊離します。溶解したワニスは濾過できません。一方、遊離ワニスは、ある状況下ではフィルターエレメントに堆積物を形成することがあります。これは、粒子状の汚染を分離するように設計されたフィルターである標準的なフィルターエレメントが、比較的早く詰まってしまうことにつながります。

劣化しないオイルはありますか?

一般に、API グループ II または III の新油は、API グループ I の旧油よりも劣化に耐性があります。これらの新しい耐劣化オイルは極めて無極性であるのに対し、蓄積するワニスは非常に極性があります。これらのオイルが劣化するとすぐにワニスが溶液から沈殿し、極性物質と非極性物質が混ざらないため、システムに混乱が生じます。

API グループ I の旧油は劣化が早いのは事実ですが、オイル中の化学汚染物質(硫黄化合物や芳香族化合物によるものなど)により、ある程度の極性を示します。そのため、より多くの量が溶液中に留まり、それ以上の混乱を引き起こしませんが、これらのオイルはより多くの油劣化生成物を生成します。

オイル中の油劣化生成物の限界値は?

  1. MPC 値を決定する
    ワニスの含有量は通常、オイルの色で判断されます。この目的のために、オイルが膜を通して引き抜かれ、残留物は色によって特徴づけられます。黄色と赤色の含有量と強度から無次元数が計算されます:MPC 値(膜パッチ比色分析法)。MPC の値が 30 以上に上昇した場合、ワニスが堆積する急性のリスクがあります。
     
  2. 清浄度クラスの比較
    オイル中のワニスの存在を判定するさらなる方法は、異なる温度でオイルサンプルの清浄度クラスを比較することです。この目的のため、清浄度クラスは、視覚センサーを用いて油温 20°C と 80°C で決定されます。
    20°C で決定したクラスが 80°C で決定したクラスよりかなり悪い場合は、ワニスによる汚染が想定されます。なぜなら、ワニスの大部分は 80°C では溶液中にあり、粒子用の視覚センサーでは検出されないからです。ワニスは 20°C の同じオイルサンプル中に遊離し、粒子センサーを使って記録されます。

 

HYDAC ワニス除去ユニット VEU-F はどのように働きますか?

HYDAC VEU-F はタンクバイパスフローに設置されます。まず油温を下げます。その結果、オイル中の極性油劣化生成物の溶解度が低下し、溶液から沈殿します。この後、極性フィルターエレメントでオイルから油劣化生成物を除去します。フィルターエレメントは、差圧が 2 bar 以上になったら交換しなければなりません。

HYDAC VEU-F を使用して、タンク壁やバルブに付着したワニスも除去できますか?

ワニスの含有量がオイルへの溶解限界よりかなり低くなるまでワニスを取り除くと、オイルはさらにワニスを吸収する傾向があります。その場合、タンク壁やバルブに付着したワニスの一部は、状況によっては再び溶解する可能性があります。

ダウンロード パンフレットとデータシートでソリューションの詳細をご覧ください。当社のソリューションがあれば、油圧オイル中の油劣化生成物の効率的な除去をスムーズに行えます。

ワニスからシステムを守りましょう

特定のシステムを保護する最善の方法を知りたいですか?お客様のご要望をお聞かせください。オーダーメイドの費用対効果の高いソリューションをご提案いたします。ご一緒できることを楽しみにしています!

相談の予約をする

このトピックに関する他の記事

自動車産業, 水力, 工業用部品洗浄機, 大型エンジン, 工作機械, 海事技術, 発電所, プレス機 & 成形機, プロセスコンプレッサ & コンプレッサ, 紙 & パルプ産業, リサイクル, 風力
トピックと製品
| 3 記事を読む時間の目安

HYDAC流体調整

工業用部品洗浄機, 技術的清浄度
トピックと製品
| 4 記事を読む時間の目安

工業用部品洗浄機の技術的な清浄度

大型エンジン, 移動式作業機械
トピックと製品
| 3 記事を読む時間の目安

HYDAC ディーゼルプロテクション